相続に詳しい法律家が皆様の期待にお応えします。

  • サービス其の一 相続登記に必要な遺産の名義変更サービス
  • サービス其の二 遺産分割をスムーズに行うための不動産売却の手続き
  • サービス其の三 経験豊富な法律家による遺産分割協議書作成
  • サービス其の四 被相続人がお亡くなりになった後の相続手続き

ブログ

皆さんからいろいろご相談を受けることが多いですが
例えば、
「どのように相続手続きを進めていいかわからない」
「連絡が途絶えている他の相続人との遺産分割の方法」
「地方の物件を相続(放棄)する方法又は売却したい」
「家族信託と任意後見、成年後見について」
「遺言と家族信託の違いについて」
「認知症の相続手続きについて」
「相続でどのように分けてたらいいか教えてほしい」
「遺言の書き方について」
「相続関係が複雑なので、相続対策をしたい」

「相続費用どれくらいかかりますか?」

相続周辺に関することであれば、どんなご相談でも初回は無料です。
ですので、別にご依頼いただかなくても全然問題ありません。

小さなさな事務所の雰囲気(おかげさまで25年以上続いています)
駅から7分というそんな便利ではない立地(4階までありがとうございます)
この先生にお願いしていいかなどの相性などなど、
いろいろありますから。

当然金額もそうですし・・・
(ご検討いただければ幸いです)

「もし何かありましたら、またご相談ください」
というスタンスでやっております。

というのも、
もともと、税理士、弁護士、不動産会社さんからの
相続のご依頼をもと相続業務に従事しておりました。
いまもそれは続いております。

直近の相談は以下のとおりです。
「父の代で地方の農地を親戚に譲る方法はあるか?」
「争いがある中で遺言を使うか遺産分割で行うか?」
「仲の悪い兄弟の相続で弁護士に依頼する時期は?」
「昔の遺産分割協議書はあるがそのまま場合は?」
「遺産分割で全てを妻にと記載した場合?」
「信託の他に遺言もあったほうがいいのか?」
「大規模開発の隣地者の所在がわからない場合は?」
「収益物件の相続後は法人設立?信託?」

内容的にも高度になってきますので、
解決するまでに相当の期間が要するものが多くなってきます。
このように、
長い間、相続でいろいろ経験してきたことを少しでも
皆さんの相続にも還元できたらという思いでやっております。

先日も無料相談をした方から、
長文のお礼のご連絡をいただきました。

どうしたらいいかの方法論と選択肢を
ご提示しただけで、実際私は動かなかったので、
費用はもちろんいただきせんでした。

こんな感じですので、お気軽にご相談ください。

さて、
9月はセミナーが3件
レジュメ作成に追われる今日この頃です。

http://www.ichibanjuku.com/seminar/

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

多様化といわれる時代、
相続も一緒で、
みなさんの問題、悩みは各ご家庭それぞれです。

私も長い間相続を扱っておりますが、
被相続人が違います、
相続人が違います、
それぞれの境遇、現在の環境、考え方が違います。

どれ1つとして同じ相続はございません。
(もちろん形式や相続する内容が同じ場合はあります)
そして、相続した後の家族構成、財産構成、環境、方針も違います。

ですので、
いろいろな状況、背景をお聞ききし、
ご相談者のといっしょに最適解を探すことが大事だと感じています。
当然、私一人だけでは対応できない場合が出てきますので、
その場合は、他の相続の専門家と一緒になって解決
をすることが必要となってきます。

ところで、相続の専門家って誰でしょう?

弁護士ですか? 
税理士ですか?
行政書士ですか?
社会福祉士ですか?
不動産会社ですか?
司法書士ですか?

実は、
全員です。(他にもおります)

現在、相続の専門家は結構大勢いると思います。
いろいろな、相続の専門家の方がいる中で、
私が相続アドバイザーとして大切だと思っていることは、
そのご家庭にとってベター(ベストは難しい場合があります)
な選択肢な尊重、優先できる方だと思っております。

経験や件数も大事な要素ですが、
経験以上に大切なものは、専門家のハートだと思います。
ご相談者に寄り添いながら最適解を見つけようとする気持ちです。
私も、
いろいろな専門家にお手伝いをいただきながら今日まで
業務を行ってきました。

そんな中で
私が役員としてお手伝いしている
相続アドバイザー協議会のホームページに
会員の方々の
相続アドバイザー活用事例があります。

お時間があれば立ち寄ってみてください。

公式サイトはこちら 
活用事例はこちら

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

当所には「登記研究 創刊号」(テイハン)があります。
「登記研究」についてはこちらをご参照ください

家内とは、司法書士事務所で出会いました。
家内の父は司法書士事務所の3代目。
もうすでに亡くなられましたが、
昭和22年「登記研究 創刊号」、
忘れ形見として、
当所で保管させていただいております。

ひとつひとつの出来事が
相続手続きのお手伝いの礎となっていると感じる
今日この頃です。

司法書士田中康雅事務所

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

相談の件数って、
どうなったら1件なんでしょうか?

来客数なんでしょうか?
依頼いただいた件数何でしょうか?
1人が何回かに分けて違う相談した場合はどうなるの?

私も長年司法書士をやっていて、
ならすと毎日1件以上の質問はあるでしょうから、
司法書士を27年もやってれば、

相続相談累計9800件以上!
となってしまいます。

相続相談件数の基準がわからないので、
当所への直近の質問例をあげておくことにします。

ご参照ください。

・金融資産をAB各2分の1ずつの遺言は包括遺贈?
・相続登記申請を途中で取り下げできるの?
・包括遺贈を拒否する場合は相続放棄なの?
・信託の場合、固定資産税は誰が支払うの?
・他の相続人が認知症の場合は、預金の仮払いは可能?
・生前贈与を受けても相続放棄できるの?
・遺言書の住所の記載が住民票と微妙にちがう場合は?

・遺言書の検認のやり方について
・清算型遺贈で遺言執行者が行う相続手続きについて
・建物譲渡付借地権の期間満了後について
・遺産分割協議書に印鑑押してくれない場合は?
・死後委任契約の契約書の書き方
・土地登記簿の仮差押えの抹消方法
・相続で兄弟の戸籍取得不可と役所に言われたのですが
・相続した土地を複数区画分譲したら宅建業法違反か?
・相続土地を新中間省略登記で買いたいと言われたら?
・地方休閑地を
太陽光発電業者に売る場合の注意点は?
・他の相続人が預金を勝手に引き出した場合は?
・生前贈与契約書の書き方を教えてほしい。
・隣の所有者が不明で境界確定に困っています。
など

最近の傾向として、
相続登記自体のやり方はネットを見ればわかるので、
その前段階のご相談が多くなってきましたね。

相続で大事なのは、
こなしている数ではないと思っています。

相談者の方のご意向に沿えるよう
寄り添いながらも、
司法書士としての経験と知恵と
ネットワーックを使って
相続業務を進めることだと思います。

司法書士田中康雅

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

相続登記が義務化(施行日は2024年4月1日)され、
戸籍、登記簿の知識がますます大切となってきます。

通常の場合、戸籍の知識がそれほどなくても、役所から戸籍を入手すれば、ほとんどの場合問題は生じません。
ところが、何らかの理由により戸籍が揃わなかったために、相続人の特定ができないという後々大変な問題が起こってしまう場合があります。
相続を専門とするコンサルタントの方にとっては、相続人の特定を間違えてしまうと、取返しのつかない事態になってしまいます

不動産の場合、相続が発生したら、最終的には登記が必要です。
 登記簿上の被相続人はいつ亡くなっていますか? 
 相続人は本当にその人で大丈夫ですか?
 

相続の専門家を目指す方を対象にこれから問題を中心に戸籍、登記簿の基本的な見方をお話ししたいと思います。
もちろん、専門家ではない、一般のご家庭の皆さんでも受講可能です。

詳細はこちらをご確認ください
https://tap-seminar.jp/seminar.php?keyno=1740

写真では分かりづらいかもしれない念のため、概要をお書きします。
以下 東京アプレイザル株式会社様HPより抜粋

<ごあんない〉
東京アプレイザルの
『ゼロから学ぶ相続コンサルタント必修講座』は、実務経験豊富な士業コンサルタントの方を講師にお迎えし、「基礎のキ」から学べるセミナーとなっております。

こんな方におすすめ
●相続を基礎から学びたい
●相続コンサルを本業にしたい
●職場のスタッフに相続を学ばせたい
●実務経験はあるが、改めて基本を学び直したい
●本業に活かすため、相続業務を取り入れたい

講座内容
相続手続きでまず最初にしなければならないことは、相続人と相続財産の確定です。相続人の確定ができなければ、遺産分割協議も相続税の申告もなにも進めることができません。
当セミナーでは、前半になぜ相続人確定が重要なのかの論点を中心に法律知識及び戸籍の知識・見方の解説を行ない、
後半では登記簿の読み方を通じて相続財産の中心である不動産の相続手続を解説します。
今後、相続登記の義務化が行われる点についてもその基本的な考え方、論点を解説いたします。

【1】相続人の範囲順位(法定・代襲相続・相続放棄)
 (1)推定相続人が先に亡くなっていた場合は?
 (2)相続開始後に相続人が亡くなっていた場合は?
 (3)休眠不動産の相続人は?
【2】戸籍の読み方
【3】なぜ被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍
   が必要なのか?
【4】法定相続情報証明について
【5】相続・遺贈と登記簿
【6】相続登記義務化概要
【7】なぜ相続登記をする必要があるのか?

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

相続登記義務化は令和6年4月1日施行です。

正当な理由なく登記懈怠は10万円以下の過料です。

この相続登記義務化は、施行日前の相続、
令和6年(2024年)4月1日より前の相続も適用があります。

ただ、相続登記義務化の適用が一番番早い人で、
令和9年(2027年)3月31日までに相続登記をすれば大丈夫です。

これに関連するブログはこちら

いままで相続登記をしなくてご不安な方、
自分はいつまでに相続登記をしなければいけないかご心配な方

焦って相続登記する必要はございませんが、
いまからご準備、ご準備されてはいかがですか。

相続手続、相続相談は川崎市麻生区新百合ヶ丘稲城市の
司法書士田中康雅事務所
までお問合せ下さい。

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

「安心料」?
聞きなれない言葉かもしれません。

相続手続きに関して言えば、
ホームページを見れば
ある程度のやり方が記載されています。

遺言、遺産分割、相続登記、相続税申告
ご自身でやれば、コスト削減できます。
実費のみで可能です。

争いなく、無事手続きが終われば
検証することはないかもしれませんね。
次の手続きが発生するまでは。

本当に遺産分割はこれでよかったのだろうか。
もっといい選択肢があったのではないだろうか。
結果的に税金が高いことになってはいないのか

税金は、今回の相続税だけではありません。
次の相続税は? 譲渡所得税は?

ブログ「空き家特例が使えない」をご参照ください。

こんな場合、
事前に税理士の先生に相談する必要がありますよね。

遺産分割をする場合、
相続税がかからなければ、
税理士の先生に最初から相談なんて
気づかないかもしれません。

また別のケースでは、

依頼者の方のご要望は、
逆に、妻に全部を相続させ、
今回は相続税がかからないようにしたい。

司法書士の見解は、
今回自宅を長男が相続しておいてほうが、
次の相続のときもめなくていいのでは?

本に載っていた事例、
知り合いから聞いた相続手続きのやり方が
皆さんにとって、ベストの場合もありますし、
そうでない場合もあるかもしれません。

相続というのは、
相続財産と相続人の心情(感情)とが複雑に絡み合っていて、
各ご家庭ごとにベター(ベスト)な遺産分割は違います。

では、
相続の専門家(特に司法書士)に相談、依頼した場合、
どのように相続手続をすすめるのでしょうか。

私の事務所の場合は、
 1番大事にするのは、相談者のご要望。
 次に家族構成、背景。それぞれの個別的事情
 最後に税理士と連携して税金は問題ないか。

以上を踏まえ、総合的に遺産分割のご提案。

こんな感じでしょうか。

こうすることで、
依頼者さんに安心していただきたい。
と思っています。

相続手続や相続登記費用の中に安心料が入っている。
(なお、税理士の費用は別となります。ご了承下さい)

そして、今回の相続手続きだけで終わりではなく、
別の機会でもお気軽に相談いただけます。

司法書士の費用は、相続手続き費用+安心料
そう思っていただければ幸いです。

川崎市麻生区新百合ヶ丘
司法書士田中康雅事務所

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

民法896条で
「相続人は、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」
と規定されています。

相続とは、被相続人の財産的地位を引き継ぐことをいいます。

あくまで財産上です。

ところで、
「相続」という言葉は、
もとは、インド・サンスクリット語の漢訳語。仏教用語です。
「因果が連続して絶えないこと」という意味です。
そしてその連続は、
諸行無常(絶えず移ろい、変化し続けていく)であり、
諸行無我(すべては繋がり、また変化している)です。

「相」は「すがた(姿)」を意味し、存在そのもの、
「続」は、続いていくことです。

それが派生して、
「相続」とは故人の存在、在り方を
代々変化しながれも連続させる(引継ぐ)こと。
という意味になりました。

親が亡くなりその存在、想い、すべてを子が引き継ぐ、
子が亡くなり、孫がすべてを子が引き継ぐ、
そして全く同じものはなく、すこしずつ変化をしながら、
一家族としては一本の線として連続してずっと続いていく。
ということでしょうか。

現代の法律用語では、
冒頭のとおり「被相続の財産を引継ぐ」
となっておりますが、

故人の想いを引き継ぐのも相続

と考えてみるのも時にはいいかもしれませんね。

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

2021年4月21日
「相続登記」と「住所氏名変更登記」の義務化が国会で成立しました。
(2021年4月28日公布)

相続登記義務化の施行日は2024年4月1日です

内容は以下のとおりです。

1「相続登記の義務化」

 
   被相続人の相続人であること
      及び相続財産の中に不動産があると知った日から

  3年以内に相続登記申請が必要です。

 、
 
  ✓「申請義務違反の効果」
     正当な理由がなく申請を怠ったときは10万円以下の過料です

  ✓「施行日は」
     2024年4月1日からです。

  ✓「施行日に開始した相続の期限は?」
    原則2027年3月31日までに登記が必要です   

  相続登記はいつまで?改正法施行日前の相続開始編ブログ

  ✓「相続人申告登記(仮称)」の創設
    相続が開始した旨
    及び自らが当該所有権の登記名義人の相続人である旨
    を申し出ることができる制度を創設。
    上記申請期間内にその申出をした者は、
    相続登記義務を履行したものとみなされます。

2「所有権登記名義人の氏名住所の変更登記義務化」


       氏名又は住所の変更があったときは、
  2年以内に、変更登記申請しなければならない。

  ✓「申請義務違反の効果」
     正当な理由なく、申請を怠ったときは、5万円以下の過料です

  ✓「施行日は」
     公布日より5年以内ですので、
     2026年4月28日までのいずれかの日からになります。

以上が主な概要ですが、
登記義務化が進むと、
自分で登記を全部しようと思われる方と、
相続の専門家に任せてしまおうと思われる方に
分かれると思います。

そして、年数が進むにつれ、
情報が増えていきますので、
自分で相続登記する方が多くなると予想しております。
登記申請は、そんなに難しくありません。
もちろん一人でもできます。

相続で大切なのは、
「誰がどこを相続するのか」
です。

どのように遺産分割するか。
あるいは
どのように遺言等生前対策をするか
です。

そして、
その遺産分割、遺言等生前対策が
・法律上問題は生じないか
・家族間で納得しているか
・税務上不利益はないか、あるいは有利な?ものなのか

等を考慮することが大切です。

相続についても情報が多く存在します。
事例等もたくさんでていることでしょう。
日常生活と違い相続は生涯に数回しか出会わない事象です。

ご自身で調べて行った相続手続について、
相続の中身が皆さんにとって適切だったか。

たとえば、こちら
川崎市麻生区稲城市相続なんでも相談ブログ
「とりあえず母が相続! ホントに大丈夫?」

お一人でやる場合でも、
その検証はぜひ行ってみてください。

ちなみに
相続登記義務化についてもっとお知りになりたい方は
セミナーやりますので、参加してみてはいかがでしょうか。
内容はこれから相続のお仕事される方向けですが。
8月17日18時からZOOMです。

NPO法人相続アドバイザー協議会ホームページ

川崎市麻生区稲城市の相続手続
司法書士田中康雅事務所

 

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL

最近お亡くなりなる方は戦前戦中戦後の混乱期を経験した方々

昭和23年に民法が改正され法律上は相続は、
家督相続から、完全な均分相続へ変わりました。
ただ、「相続は長男がするもの」という意識は日本人の心にずっと根付いていました。

当時でも相続トラブルはありましたが、相続対策とは、相続税対策とほぼ同意義といっても過言ではありませんでした。
この頃、相続を専門にしている司法書士はほとんどいません。業務のほとんどが相続登記のみ。他の相続手続きを代行する専門家も皆無に近い状態。

時代とともに、皆さんの心の中にも家督相続から均分相続へと意識が変わったきた昭和から平成への移行期。

相続対策には3つが必要と謳われるようになりました。
・争族対策
・納税対策
・節税対策

私が司法書士になってのが、平成7年。
その時でも相続といったら司法書士の業務といえば相続登記のみ。

時は流れ、令和の時代。
いまでは多くの司法書士事務所が相続手続きを代行するようになりました。
相続の専門家も増えてきました。

皆さんの中でも、ほとんどの方が「相続=均分相続」となっているのではないでしょうか。

どのように遺産分割したら、相続人にとっていいのか。得なのか。有利なのか。
この分野はまだまだ、相続の専門家がお役に立つことができるでと思います。

相続は、それぞれのご家庭により全く違うし、なにしろ、相続を経験する頻度が少ないため、
本やネットでの情報だけでは本当にその家族にとってよかったかわからないからです。

でもいずれ、
相続の手続きも徐々に単純化、合理化されてくると思います。
そう遠くない将来、専門家がいなくても相続手続きが全部オンラインでできるようになるでしょう。

今後は、均分相続が前提で、
いかに分けるか。
いかに不良資産を承継しないか。
いかに換金するか。
等が相続の中心になってくると予想されます。

どのように遺産分割したら良いかという一般的な判断は、AIが行ってくれるでしょう。
相続対策もAIで可能かと。

民法上の相続は財産上の権利を承継することだけれども、
実際の相続とは、
「DNA、財産、想い、すべてを受へ継ぎ後世に引き継ぐこと」
だと思っています。

どう相続すれば、相続人にとって徳なのか

AIがこれを学習するまでは、
まだ司法書士が相続の分野でお手伝いできそうです。

司法書士田中康雅事務所  |  記事URL